限界を感じたら転職してみるのも手

看護師は女性が多く活躍している仕事です。しかし、一般的にハードな仕事ともいわれています。なぜなら、多くの業務で忙しく体力を使う仕事だからであり、定時に帰ることができず、残業が多い傾向になっているのです。
また、看護師は夜勤と日勤の混合シフトをこなさないといけません。夜勤の際には、少ない人員で業務を行うため、救急患者やナースコールがあればすぐに対応しなくてはなりません。そのため、仮眠をとることもままならず、体を休めることができないまま業務を行わなくてはならない場合もあるのです。
看護師は人の命を預かる仕事であり、少しの油断が大きな医療ミスに発展してしまうため、常に気を張っていなくてはなりません。体力のみならす精神的にも負担が大きい仕事です。これらのことから、看護師の仕事は体力、精神共に負担が大きい仕事であり、離職率が高い傾向にあるのです。もし、仕事を続けていくうちに体や心に支障をきたしてしまうのなら、無理に続けることは危険です。その場合には、思い切って転職を考えることも必要です。
とはいえ、せっかく看護師の資格を取得してキャリアを積んできたのに、辞めてしまうのは非常にもったいないことだと考えるかもしれません。しかし、看護師の知識や技術を生かすことができる仕事も存在しているのです。たとえば、採血専門や検診専門、また、修学旅行や社内旅行に付き添うツアーナースの仕事です。これらの仕事の場合、複雑な医療行為がなく、残業や夜勤を行う必要もありません。ですから、負担を感じることなく働くことができるでしょう。体力に限界を感じている方は、「体力の限界です!」の《それでも改善されないときは》に紹介されているエージェントを利用してみるのも手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です