転職しやすい職業

未だ女性が多数を占める看護師の仕事は、体力を使う仕事であるだけに職場を変えること自体が珍しいことではありません。
一般的に看護師の多くは、新卒後、24時間体制の総合病院等大きな医療機関である程度経験を積むことを目指し、同じ職場で退職まで或いは生涯働き続けることはかなり稀なケースです。
一方、看護職自体は更新等はあるものの、基本的に一度免許を取得すれば一生全国何処ででも働くことができるプロフェッショナルな職業です。
また、日進月歩の医療分野に於いて絶対にミスが許されない特殊な仕事であり、肉体的、精神的にハードな職業であるため、人材不足が全国的に慢性化しています。そのため、看護師の人材需要は常に高い状態にあり、個々の看護技能と経験に合わせ、職場を変える機会が多くあるのです。
そして、看護師の大多数が女性である点からは、ある程度経験を積んだ後、結婚など人生の転機や出産、育児など女性特有の転機が訪れます。そのため、体力的、時間的な問題も含めプライベートとの両立を図るべく、柔軟に職場を変えることがむしろ一般化しています。
もちろん、仕事のペースダウンを図るケースだけでなく、更なるキャリアアップを図るケースもあり、現在の職場よりも専門性の高い医療機関への異動や、管理職ポストへの転職なども行われています。
これらのことから、現在の看護師の転職事情は、生涯有効な看護免許のもと、個々の転機に合わせて柔軟にライフスタイルを築く手段となっています。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

固定ページ

タグ

アーカイブ

カテゴリー